さ・え・ら書房  
『川のむこうの図書館』
池田ゆみる 作
羽尻利門 絵


読み物 166P 

前作『坂の上の図書館』に続く、もうひとつの物語。小学校6年生の竜司は、図書館に
苦い思い出のある男の子。でも、学校での調べ学習をきっかけに、悠人・美紀と
図書館に通うようようになり、、、男の子の心の成長を描いた物語です。

←前の作品へ
次の作品へ→

--------------------------------------------------------

児童書の紹介トップへ戻る
ホームへ戻る

(C)Hajiri Toshikado All Rights Reserved.